女性の薄毛にもホルモンの働きが大きく関わっている

男性が加齢と共に薄毛になっていくことは、多くの人が知っていることでしょう。またそれが男性ホルモンによる自然の現象だということもずいぶん理解されていると思います。最近では、女性の間でも加齢と共に薄毛の悩みを抱える人が多くなってきました。男性の髪の悩みほど理解が進んでおらず、女性の髪の悩みはより深刻になりがちです。そんな女性の薄毛の悩みにも、実はホルモンが大きく関わっています。

 

薄毛の原因になりうるホルモンは、テストステロンという、一般的に男性ホルモンと呼ばれるものです。男性ホルモンと呼ばれているので、男性に多く見られるホルモンですが、女性にも見られ、特に閉経後にはテストステロンが多く分泌されるようになります。それまでは女性ホルモンが豊富でテストステロンは微量であったので、ホルモンによる抜け毛は気にならないほどだったでしょう。ただ、テストステロンの分泌量が増加するとテストステロンは抜け毛を促進し、髪の毛の生え変わりが追いつかなくなるとどんどん髪の毛は薄くなってしまいます。

 

これは、男性の抜け毛が起きるメカニズムと同じものです。女性の中でも、ピルを継続的に飲んでいる人や、食生活が乱れがちの人、またストレスでホルモンバランスを崩しがちな人はこのテストステロンに注意することが必要です。閉経は防げないものなので、仕方がないですが、それでも食生活やストレスをうまくバランスを取っていくことで、女性の抜け毛は最小限に抑えられるのではないでしょうか。